株式会社アドライフ

投資日記

  • ヒヨコマメの記事一覧
【IXJ】最高値圏に突入<ヒヨコマメ>
2024年01月15日

おはようございます! ヒヨコマメです。

先週の iシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF(IXJ)は、1株=90ドルに迫る勢いで上昇、最高値圏に突入してきました。あと2ドル以上上昇すれば最高値が更新されます。一方バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)は、1株=102ドル半ばまで上昇しているものの、値動き自体は頭打ちの印象です。
米ドル円が約1円ほど円安となっているおかげで、総資産は円ベースで466,436円と先週より約3,500円ほどプラスとなっています。目下はIXJの史上最高値更新に注目したいと思います。

株価と円安の相乗効果で<ヒヨコマメ>
2024年01月09日

おはようございます。ヒヨコマメです。本年もよろしくお願いいたします。
元日より耳を疑うニュースが相次いでおります。まずは被災された地域の皆様の一日でも早い復興をお祈りいたします。

さて年明けの資産状況ですが、年末と比較して1万2000円ほどプラスの幕開けとなりました。
まずiシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF(IXJ)は11月からの上昇基調がいまだ続いており、現在は1株=90ドル目前にまで迫っています。一方バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)は、年末に1株=103ドルを超えたものの年明けに下落。現在は102ドル前半まで戻ってきました。さらにこの間米ドル円が大きく円安に動いたこともあり、総資産は462,966円となっています。

11月からの上昇基調は続くか?<ヒヨコマメ>
2023年12月25日

おはようございます! ヒヨコマメです。

先週のiシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF(IXJ)は、値動きが激しい1週間でした。週半ばに1株=84ドル前半まで下落したものの、週後半には86ドルまで戻りました。しかしその後再び下落、現在は85ドル後半となっています。
一方バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)は、1株=102ドル前後で高止まりしています。おかげで総資産は、円ベースで約4,000円プラスの450,451円となりました。

あらためて11月からの値動きを見てみると、両方とも上昇基調が続いています。年末年始に値動きが大きくならないことを祈るばかりです。

【VT】2年ぶり100ドル超え達成<ヒヨコマメ>
2023年12月18日

先週、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)が、2021年以来2度目の1株=100ドル越えを達成しました。一時期は102ドル半ばまで上昇しましたが週の後半に失速し、現在は101ドル前半となっています。
iシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF(IXJ)のほうも、週半ばに急上昇。1ドル=86ドル半ばをつけたものの、週後半に下落、85ドル前半となっています。

しかし円資産ベースで見ると、12月に入って4円ほど円高に動いたおかげで、資産は446,534円とこの2週間で約5,000円ほどマイナスとなっています。

【VT】あと少しで3桁<ヒヨコマメ>
2023年12月04日

おはようございます! ヒヨコマメです。

先週のiシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF(IXJ)は、一時期1株=83ドルを割ったものの回復し、84ドル越えのところまで戻ってきました。バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)にいたっては、1株=99ドル半ばまで上昇、100ドル台が視野に入ってきています。

ドルベースで好調な結果となりましたが、米ドル円が先週から3円ほど円高となったこともあり、資産としては円ベースで約6,500円マイナスの451,457円となっています。

新着記事

2024.02.26
さらに…さらに円安!
2024.02.26
【海外ETF/日本株】日本株・米国株ともにプラスに<ぱん>
2024.02.26
さて、次なる投資先は?<ニコ>
2024.02.26
最高値更新のおかげで<ヒヨコマメ>
2024.02.19
さらに円安<ワタヤン>
2024.02.19
【海外ETF/日本株】日経平均好調!なのに私のポートフォリオには関係せず…<ぱん>
2024.02.19
エヌビディア、時価総額米株3位に浮上!<ヒロミン>
2024.02.13
怒涛の円安<ワタヤン>
2024.02.13
【ETF S&P500】S&P500が5,000台を超えたということは…<ニコ>
2024.02.13
【海外ETF/日本株】狙った銘柄は上がらず……利確はできませんでした<ぱん>

カテゴリ

執筆者一覧

アーカイブ

タグ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
03-5368-1890

※現在、新型コロナウィルス感染症対策として、
全スタッフ在宅勤務を推奨しております。

メールフォームからのお問い合わせ
Contact