株式会社アドライフ

投資日記

  • 「生成AI」タグの記事一覧
テスラ、残念ながら見切り時!?<ヒロミン>
2024年03月18日

こんにちは!米国株投資家のヒロミンです。いやあこの週末はとても暖かくて過ごしやすかったですすね。しかし、今週はまたも寒さが戻ってくるそうです。皆さん、くれぐれも体調に気を付けてくださいね。

さて、先週の米国株市場はCPI、PPIと主要な物価指数が市場予想を相次いで上回ったことで、調整の週となりましたね。主要3指数の週間騰落率です。

ダウ平均 38,714.77 ▼0.0%
S&P500 5,117.09 ▼0.1%
ナスダック総合 15,973.17 ▼0.7%

ダウ平均は3週連続、S&P500とナスダック総合は2週連続で下落しました。S&P500に至っては先週12日の火曜日には史上最高値を更新したにもかかわらずです。

(S&P500=過去1年)

主要ハイテク株の週間騰落率を個別に見ると……

マーベル 66.87 ▼11.3%
アドビ 492.46 ▼10.7%
パランティア 23.49 ▼9.8%
テスラ 163.57 ▼6.7%
ASML 940.21 ▼5.4%
アーム 127.00 ▼3.4%
アマゾン 174.42 ▼0.5%
エヌビディア 878.37 △0.4%
パロアルト 282.16 △0.7%
アップル 172.62 △1.1%
マイクロソフト 416.42 △2.5%
アルファC 142.17 △4.3%
ヌー 11.61 △4.9%

半導体株を中心に生成AI関連銘柄が調整に入ったようです。決算を受けたアドビの急落が話題になりました。

心配なのはテスラです。下げが止まりません。

(テスラ=過去5年)

テスラは年初来で▼34.1%、2021年11月につけた過去最高値からは、なんと▼59.8%も下げています。うへー(~_~)

新しい銘柄を仕込むための資金を得るためにも、残念ながら今週、ついに見切りをつけるときがやって来たのかもしれません。

一方、パランティアやアームはいよいよ仕込み時がやってきたのかもしれません。

今週の注目イベントは、なんと言っても日銀金融政策決定会合とFOMCの結果発表ですね。

テスラ時価総額ノボに抜かれる!<ヒロミン>
2024年03月11日

こんにちは!米国株投資家のヒロミンです。今週こそは少し暖かくなるといいですね。春よ早く来い!

さて先週の米国株市場はそろって週間で下落しましたね。ダウ平均は2週続落、S&P500とナスダックは3週間ぶりに反落です。

ダウ平均 38,722.69 ▼0.9%
S&P500 5,123.69 ▼0.3%
ナスダック 16,085.11% ▼1.2%

米国経済の強さが相変わらずながら、半導体株を中心にハイテク株に利益確定の売りが出た結果です。

ただし主要なハイテク株を個別に見ると、はっきりと明暗が分かれつつあるのがわかります。以下先週の週間騰落率です。

テスラ 175.34 ▼13.5%
パロアルト 280.2 ▼7.3%
アーム 280.2 ▼7.2%
アップル 170.73 ▼5.0%
マイクロソフト 406.22 ▼2.23%
アマゾン 175.35 ▼1.6%
アルファC 136.29 ▼1.3%
ASML 994.33 △0.3%
メタ 505.95 △0.7%
AMD 207.39 △2.3%
パランティア 26.04 △4.45%
エヌビディア 875.28 △6.4%
ノボノルディスク 133.07 △7.11%
*太字は低迷が目立つ銘柄

明暗度合いは時価総額で見るとわかりやすいです。

今年に入ってアップルがマイクロソフトに抜かれれ時価総額世界第1位から陥落。続いてアマゾン、アルファベットが立て続けにエヌビディアに時価総額で逆転されました。

さらに先週大きな話題になったのが、テスラの時価総額が同欧州第1位のノボノルディスクに抜かれたことです。

テーマでいうと生成AIと肥満症薬に資金が大量に流入する一方、電気自動車、もしくは生成AI乗り遅れ組からは逃げ出しつつあることが鮮明です。

チャートで見れば一目瞭然です。

(テスラ=過去1年)

(ノボノルディスク=過去1年)

こないだ流行り始めたばかりと思っていたマグニフィセント7(壮大な7銘柄)という言葉、早くも旬が過ぎつつあるのでしょうか?

今週は12日(火)の2月の消費者物価指数(CPI)、14日(木)の2月の生産者物価指数(PPI)と小売売上高に注目です。ではまた来週!

今年の主役2銘柄が上場来高値更新!<ヒロミン>
2023年11月27日

こんにちは!米国株、それもハイテク株中心の投資家、ヒロミンです。早いもので11月も最終週となりましたね。もはや年末です。

さて先週の米国株市場は堅調に推移。これで3指数そろって4週連続の上昇となりました。週間の騰落率はこの通り……

ダウ平均  35,390.15  △1.3%
S&P500   4,559.34  △1.0%
ナスダック 14,250.86  △0.9%

(ナスダック=過去1年)

ナスダックは7月につけた今年の最高値まであと1歩です。

主要ハイテク株の週間騰落率はこの通り……

アーム  63.88  △16.2%
マイクロソフト 377.43 △2.1%
AMD  122.31  △1.4%
アマゾン  146.74 △1.1%
エアビー  128.37 △1.0%
メタ   338.23  △1.0%
アルファC  138.23 △0.9%
テスラ  235.45  △0.5%
アップル 189.97  △0.2%
エヌビディア  477.76 ▼3.1%

先週は生成AI関連銘柄の代表格で、今年の主役企業と言えるマイクロソフトとエヌビディアがそろって上場来高値を更新したことが印象的でした。スゲー!

(マイクロソフト=過去1年)

はたしてこのまま年末のサンタラリーに突入できるか?はたまた予想外の事態が起きてまさかの低迷に見舞われるのか?予断を許しません。

ナスダック、上半期31.7%上昇!<ヒロミン>
2023年07月03日

こんにちは!米国株投資家のヒロミンです。ついに調整に入るのか?と心配された先週の米国株市場でしたが、終わってみればそろって週間で大幅上昇、懸念払しょくとなりましたね。

ダウ平均 34,407.60 △2.0%(週間)
S&P500 4,450.38 △2.3%(週間)
ナスダック 13,787.92 △2.2%(週間)

先週発表された5月の個人消費支出(PCE)物価指数の伸びが鈍化し、週末に向けて幅広い分野に買いが広がったのが要因です。

また先週末の6月30日は今年の上半期の最終日ともきれいに重なりました。主要3指数の上半期の上昇率を見ると…

ダウ平均 △3.8%
S&P500 △15.9%
ナスダック △31.7%

S&P500は15%、ナスダックに至っては30%超えです。スゴイ!

(ナスダック=過去1年)

主要ハイテク株の上半期の上昇率を確認しておきましょう。

エヌビディア 423.02 △189.5%
メタ 286.98 △138.5%
テスラ 261.77 △112.5%
ヌー 7.89 △93.9%
ASML 113.91 △75.9%
マーベル 59.78 △61.4%
アマゾン 130.36 △55.2%
ネットフリックス 440.49 △49.4%
アップル 193.97 △49.3%
マイクロソフト 340.54 △42.0%
アルファベットC 120.97 34.9%
*太字は生成AI関連銘柄

メタやテスラが2倍超え、エヌビディアに至っては3倍近い上昇でした。またやはり生成AI関連銘柄(太字)がズラリと上位を占めているのがわかります。

(エヌビディア=過去1年)

今週は6日(木)に6月のISM非製造業景気指数、7日(金)に6月の雇用統計の発表と重要イベントが続きます。先週の勢いは今週も続くのか、予断を許しません。

新着記事

2024.06.17
今週も円安<ワタヤン>
2024.06.17
いつ買おうかな<ニコ>
2024.06.17
【VT】最高値更新!<ヒヨコマメ>
2024.06.17
アップル一時、時価総額世界一位に復活!<ヒロミン>
2024.06.10
米国株口座を開くため<ニコ>
2024.06.10
ドル高カナダ安<ワタヤン>
2024.06.10
【海外ETF/日本株】新たに日本株を購入
2024.06.10
調整局面終わったか?<ヒヨコマメ>
2024.06.10
エヌビディア、時価総額世界2位!<ヒロミン>
2024.06.03
引き続きユーロ高<ワタヤン>

カテゴリ

執筆者一覧

アーカイブ

タグ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
03-5368-1890

※現在、新型コロナウィルス感染症対策として、
全スタッフ在宅勤務を推奨しております。

メールフォームからのお問い合わせ
Contact