株式会社アドライフ

投資日記

  • 「生成AI」タグの記事一覧
一人気を吐くテスラ。株価は昨年末比2倍に!<ヒロミン>
2023年06月12日

こんにちは!米国株投資家のヒロミンです。とうとう梅雨のない北海道を除く日本全体が梅雨入りですね。しばらくは梅雨空や台風にも我慢です。

さて先週の米国株市場は今週発表の5月のCPI、FOMCの開催を控え、方向感に欠ける様子見ムードの漂う1週間でした。主要3指数の週間騰落率はこのようにいずれも小動きでした。

ダウ平均 33,876.78 △0.3%
S&P500  4,298.86 △0.4%
ナスダック 13,259.14 △0.1%

もっともS&P500については昨年10月につけたコロナ後最安値からの上昇率が2割を超えて「強気相場」入りということになりました。またナスダックについては7週連続で上昇をキープです。

(S&P500=過去1年)

主要ハイテク株の先週の騰落率はこんな感じです……

テスラ 244.4 △14.2%
AMD 124.92 △7.5%
ネトフリ 420.02 △4.9%
アップル 180.96  0.0%
マーベル 60.01 ▼0.3%
アマゾン 123.43 ▼0.7%
エヌビディア 387.7 ▼1.4%
アルファC 122.87 ▼1.9%
マイクロソフト 326.79 ▼2.6%
メタ 264.95 264.95 ▼2.8%

生成AIブームで好調を博してきたハイテク銘柄が先週は利益確定売りに押されたなか、一人気を吐いていたのがテスラです。

先週末の9日(金)までに11日連続の上昇を記録し、株価はなんと昨年末比で2倍になりました。凄っ!


(テスラ=過去1年)

EV充電網でGMやフォードと提携したこと、さらには小型セダン「モデル3」の販売補助金が満額に引き上げられたことなどがテスラ急伸の要因です。なんだかんだと上手くやってるなあ!

とういうわけで、テスラ株の上昇がその他の主要ハイテク株、アマゾン、エヌビディア、アルファベット、マイクロソフトといった銘柄の下落分を補い、私の総資産は若干増えたのでした。やった!

冒頭でもふれたように今週は前半から5月のCPI、FOMC、さらには5月の生産者物価指数、5月の小売売上高とイベントが相次ぎます。上手く乗り切りますように!今週もガンバ!

エヌビディアが1兆円クラブ入り!生成AIバブル?<ヒロミン>
2023年06月05日

こんにちは!米国株投資家のヒロミンです。いやあ、債務上限を停止する法案がようやく可決され、米国のデェフォルトが土壇場で回避されましたね。

加えて5月の雇用統計ではインフレ圧力が少しづつではあれ収縮しつつあることが確認され、主要3指数はそろって週間で大幅に上昇して引けました。週間の上昇率はこの通り……

ダウ平均 33,762.76 △2.0%
S&P500 4,282.37 △1.8%
ナスダック 13,240.77 △2.0%

ナスダックはこれで9週連続のプラスです。

(ナスダック=過去1年)

年明けから強い強いナスダックですが、先週末の6月2日(金)時点で年初来上昇率はなんと△27.5%に達し、ダウ平均の同上昇率の△1.9%と完全に明暗が分かれました。

その要因が生成AIです。主要ハイテク銘柄の年初来上昇率を高い順に並べてみれば明らかです。

エヌビディア 393.27 △174.7%
メタ 272.61 △118.5%
テスラ 213.97 △97.9%
AMD 117.86 △84.1%
マーベル 60.18 △67.2%
パロアルト 217.24 △56.9%
アマゾン 124.25 △44.8%
アップル 180.95 △44.7%
マイクロソフト 335.4 △40.0%
アルファC 125.23 △40.0%

*太字は生成AI関連銘柄

なかでもエヌビディアの年初来の上昇率は本当に驚異的ですね。これでエヌビディアの株価は一気に上場来高値を更新し、時価総額は1兆ドルを突破、アップル、マイクロソフト、アルファベット、アマゾンに続いて半導体関連銘柄として初めて「1兆ドルクラブ」入りしました。

(エヌビディア=過去5年)

いやあ凄い、凄すぎる!ここまで来ると、生成AIバブルなのでは?と疑いたくもなりますよね。調整が恐いです。(~_~メ)

さて市場の関心はすでに再来週に迫ったFOMCの結果に早くも移っています。利上げは一旦据え置かれる、というのが大方の見通しですが、どうなるか?今週は、比較的静かな相場となるのか?あるいはまさかの予期せぬ事件が勃発するか?目が離せません。

グーグルが反撃の狼煙!?<ヒロミン>
2023年05月15日

先週の米国株市場は明暗が分かれましたね。

相変わらず地銀の経営不安、財務の上限問題に揺れるなか、消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)の発表を無難に乗り切り、景気敏感株や消費関連株は軟調、一方ハイテク株は比較的堅調に推移しました。

主要3指数の週間の騰落率はこの通り…..

ダウ平均 33,300.62  ▼1.1%
S&P500 4,124.08 ▼0.3%
ナスダック 12,284.74 △0.4%

(ナスダック総合=過去1年)

主要ハイテク株の中でも先週気を吐いたのがアルファベットでした。週間での上昇率はなんと△11.0%でした。

(アルファC = 過去1年)

急騰の要因はグーグルが発表した生成AIバードの拡充で、これで世界40カ国語に対応することが伝わったことです。

生成AIではマイクロソフトに一歩リードされていたグーグルでしたが、いよいよ反撃の狼煙をあげた格好です。

さて、この競争どうなるのか?ますます目が離せませんね。

新着記事

2024.02.26
エヌビディア祭り、継続中!<ヒロミン>
2024.02.26
さらに…さらに円安!
2024.02.26
【海外ETF/日本株】日本株・米国株ともにプラスに<ぱん>
2024.02.26
さて、次なる投資先は?<ニコ>
2024.02.26
最高値更新のおかげで<ヒヨコマメ>
2024.02.19
さらに円安<ワタヤン>
2024.02.19
【海外ETF/日本株】日経平均好調!なのに私のポートフォリオには関係せず…<ぱん>
2024.02.19
エヌビディア、時価総額米株3位に浮上!<ヒロミン>
2024.02.13
怒涛の円安<ワタヤン>
2024.02.13
【ETF S&P500】S&P500が5,000台を超えたということは…<ニコ>

カテゴリ

執筆者一覧

アーカイブ

タグ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
03-5368-1890

※現在、新型コロナウィルス感染症対策として、
全スタッフ在宅勤務を推奨しております。

メールフォームからのお問い合わせ
Contact