株式会社アドライフ

投資日記

  • 「アップル」タグの記事一覧
アップル一時、時価総額世界一位に復活!<ヒロミン>
2024年06月17日

こんにちは!米国株、それもハイテク株投資家のヒロミンです。6月は早くも後半に入り、暑さが厳しくなってきましたね。

さて先週の米国株市場は週間でまちまちな展開でした。主要3指数の騰落率はこの通り……

ダウ平均 38,589.16 ▼0.5%
S&P500  5,431.60 △1.6%
ナスダック 17,688.88 △3.2%

ダウ平均がマイナスに沈んだ一方で、S&P500とナスダックはともに2週連続でプラスをキープしました。それも先週はS&P500は4日連続で最高値を更新、ナスダックに至っては5日連続で最高値を更新中です。

まさにゴルディロックス(適温相場)の再来です。

(ナスダック総=過去1年)

個別に見ると、相変わらずAI銘柄の一人勝ち状態が続いています。主要ハイテク株の週間騰落率ランクを見ると、明らかです。

ブロードコム 1735.04 △23.4%
アーム 157.89 △15.6%
エヌビディア 131.88 △9.1%
マイクロン 141.36 △8.0%
アップル 212.49 △7.9%
マーベル 73.27 △7.8%
ラムリサーチ △1,035.98 △7.6%
アプライド △237.03 △6.9%
TSMC △172.51 △4.9%
マイクロソフト 442.57 △4.4%

ランク上位にはA1銘柄がずらりと並びます。株式分割を済ませ最高値を更新中のエヌビディアはもとより、データセンターに不可欠な半導体を供給するブロードコム、アップルの時期iPhoneに搭載される半導体を設計しているのはアームです。

(エヌビディア=過去1年)

面白いのは、次期iPhoneにチャットGPTのAI搭載を発表したアップルです。iPhone16の買い替え需要が拡大するとの見方が広がり、株価が急騰!先週は時価総額でエヌビディア、マイクロソフトと次々に抜き去り、13日には久しぶりに時価総額世界一に復活しました。

(アップル=過去1年)

アップルは結局、週末14日には再びマイクロソフトに時価総額で抜かれ第2位に後退しましたが、エヌビディアも含めた3社のデッドヒート、今週も目が離せません。

 

決算でアップルが久しぶりに急騰!<ヒロミン>
2024年05月07日

こんにちは!ハイテク株投資家のヒロミンです。GW終わってしまいましたね。スロースタートでも構わないので頑張っていきまっしょい!

さて先週の米国株市場はおおむね好調を維持しましたね。これでダウ平均は3週連続、S&P500とナスダックは2週連続でプラスをキープしました。週間の騰落率はこの通り….

ダウ平均 38,675.68 △1.1%
S&P500 5,127.79 △0.5%
ナスダック 16,156.33 △1.4%

(ナスダック=過去1年)

主要ハイテク株の週間騰落率です。

メルカドリブレ 1,630.56 △15.0%
クアルコム 179.64 △8.4%
アップル 183,38 △8.3%
テスラ 181.19 △7.7%
ヌー 11.68 △5.7%
アマゾン 186.21 △3.7%
パランティア 23.33 △3.6%
エヌビディア 887.9 △1.2%
アーム 101.7 △0.2%
マイクロソフト 406.66 △0.1%
アルファC 168.99 ▼2.7%

久しぶりに目立ったのがアップルです。発表された決算は減益減収ではあったものの市場予想を上回ったほか、大幅な自社株買いの発表もあり、週末3日には1日で6%の急騰となりました。

(アップル=過去6カ月)

このほかにもテスラが週間で7.7%の上昇を見せるなど、2週連続で大幅上昇しました。これまでもそうですが、テスラは逆行になればなるほど強いですね。

新着記事

2024.06.17
今週も円安<ワタヤン>
2024.06.17
いつ買おうかな<ニコ>
2024.06.17
【VT】最高値更新!<ヒヨコマメ>
2024.06.17
アップル一時、時価総額世界一位に復活!<ヒロミン>
2024.06.10
米国株口座を開くため<ニコ>
2024.06.10
ドル高カナダ安<ワタヤン>
2024.06.10
【海外ETF/日本株】新たに日本株を購入
2024.06.10
調整局面終わったか?<ヒヨコマメ>
2024.06.10
エヌビディア、時価総額世界2位!<ヒロミン>
2024.06.03
引き続きユーロ高<ワタヤン>

カテゴリ

執筆者一覧

アーカイブ

タグ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
03-5368-1890

※現在、新型コロナウィルス感染症対策として、
全スタッフ在宅勤務を推奨しております。

メールフォームからのお問い合わせ
Contact